生ローヤルゼリーの力で元気な体を作ろう|健康維持の秘訣

女の人

摂取による効果と副作用

女の人

生ローヤルゼリーには、コレステロール値や血糖値を下げたり、免疫力を高めたりするデセン酸が含まれています。そのため飲むことで、動脈硬化や糖尿病、感染症などが防がれやすくなります。副作用はありませんが、1日の摂取量の目安を確認して飲むことが大事です。また、小分けにして飲むことで、効果は一層高まります。

Read

自然の力でパワーをもらう

ボトルとサプリ

生ローヤルゼリーとは、自然のまま採取された希少なローヤルゼリーのことをいいます。美容面や健康面など、たくさんの効果が得られるのが人気の理由です。また、生ローヤルゼリーは酸味が強いので、他の食べ物や飲み物に混ぜると食べやすくなります。他に、雑菌が入らないように冷蔵庫で保管しましょう。

Read

人気の健康食品

はちみつ

いろいろと健康食品や栄養補給が出来る商品が販売されていますが、中でも生ローヤルゼリーは病気予防にも一役買ってくれる有能成分です。アンチエイジングにも効果が期待されているものでもあります。

Read

健康状態の維持のため

サプリ

ローヤルゼリーの栄養価

昨今では、健康維持のために生ローヤルゼリーを利用する人が増えてきています。生ローヤルゼリーとは、ミツバチの女王が食べているローヤルゼリーを、加熱せずに加工した健康食品のことです。ミツバチのコロニーの中で、産卵することができるのは女王だけなので、女王の健康状態が悪くなり産卵ができなくなれば、コロニーは全滅することになります。そのためミツバチは、特に栄養価の高いローヤルゼリーを、女王に健康状態を維持してもらうために提供しているわけです。ローヤルゼリーには具体的には、アミノ酸やビタミンがそれぞれ10種類以上含まれていますし、さらにはミネラル類も多く含まれています。これらは人の体にも欠かせない栄養分なので、そのため生ローヤルゼリーを利用すると、健康状態を維持しやすくなるわけです。

加熱せずに飲むことが大事

生ローヤルゼリーは、栄養分が熱によって破壊されることを防ぐために、あえて加熱せずに加工されています。したがって飲む際には、加熱しないようにすることが大事です。生ローヤルゼリーは、ハチミツと同じようにトロトロとした粘液状の健康食品です。温かい紅茶などに混ぜて飲むこともできるのですが、その場合は熱によってある程度栄養分が失われてしまいます。そのため飲み物に混ぜる場合は、十分に冷ます必要があります。体温と同じくらいにまで冷ましてから混ぜると、栄養分は破壊されませんし、体にスムーズに吸収されていくので、一層高い効果を得ることができるようになります。また、生ものですから常温での保管は適していません。良い状態を保つためには、生肉などと同じように冷蔵庫に入れておくことが肝心です。